頭皮の血行を促進する成分

本当に効く育毛剤はこれ!30商品を徹底リサーチ

頭皮の血行を促進する成分にはなにがある?

頭皮の血行を促進することの意味について

頭皮の血行促進が重要な理由

頭皮の血行を良くすることは、発毛や育毛を考えるうえでとても重要です。
育毛剤などには、必ずといっていいほど、「血行促進に効果的な成分」が配合されています。

 

しかし、ちょっと立ち止まって考えてみてください。
そもそも、いったいどうして頭皮の血行促進が、薄毛対策に効果的なのでしょうか?
血行促進と育毛(薄毛対策)の関連性について知っておきましょう。

 

「栄養をとどける」ということ

髪の毛というのは、何もないところからいきなりはえてくるわけではありません。
私たちの頭皮から出ている部分以外にも、「頭皮に埋もれている部分」というのが存在します。
その根っこにある毛乳頭が栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返しながら、髪の毛を育てていきます。

 

では、毛乳頭は、どのようにしてエネルギーを受け取っているのでしょうか?

 

これは、血管にながれる赤血球からである、と言えます。
赤血球は酸素や栄養を運びます。
この赤血球から、髪の毛が育つための栄養分を受け取り、毛乳頭は髪の毛を育てるのです。

 

血行が滞っていると、口から栄養を取り入れても、それが毛乳頭のところに栄養がいきわたりません。
特に髪の毛というのは、「あったら助かるけど、なくても生きていく上では支障がないもの」であるため、栄養を届ける優先順位はそれほど高くないのです。

 

頭皮の血行を良くする成分について知る。

このようなことから、「血流の流れをよくし、毛乳頭に十分な栄養をいきわたらせること」は、育毛や薄毛対策を考えるうえでは、ものすごく大事である、と言えます。
せっかく育毛を始めようとするのですから、育毛剤も血行をよくする成分が含有されたものを使用したいですよね。
育毛剤に含まれる、結構をよくする成分について見てみましょう。

 

ここでは、育毛剤を扱う企業や研究者からも血行を促進する成分としてあげられることの多い、

  • 「ジオウエキス」
  • 「アルニカエキス」
  • 「トコフェロール酢酸」
  • 「オランダカラシエキス」
  • 「ビタミンE」

の5つの成分についてその効果の程を紹介します。

ジオウエキス

ジオウエキスとは。ジオウエキスの育毛への効果と副作用について

ジオウエキスってどんなもの?

ジオウエキスというのは、文字通り、「ジオウ(地黄)」という植物からとりだしたエキスのことです。

 

ジオウエキスは、大昔から、漢方薬の一種として、さまざまな薬に利用されてきました。
強壮作用、止血作用などが認められており、いろいろなトラブルを解消することができるものとして、長く使われています。

 

このジオウエキスは、育毛剤の成分のうちの一つとして使われることもあります。
育毛剤とジオウエキスの関わりについてみていきましょう。

 

保湿効果を期待する声

ジオウエキスを育毛剤に配合するメーカーは、おそらくそのほとんどが、「保湿成分として」利用していると思います。

 

頭皮の乾燥は薄毛を招きますし、育毛剤の効き目を悪くしてしまいます。
そのため、保湿効果にすぐれているジオウエキスを利用しているのだと考えられます。

 

ジオウエキスは比較的安全なものではありますが、「飲み薬」として飲んだ場合、まれに、胃腸などに異常がでることもあります。
また、ニラやネギなどと一緒に飲むことはいけないことだとされています。
そのため、このような症状が出た場合は、すぐに医者に相談するようにしましょう。

 

 

※ジオウエキスには「細胞を活性化させる効果がある」としているホームページも多数ありましたが、漢方薬などを扱う病院などのホームページをあたっても、これについて、「確実に効果がある」としているページは見つけられませんでした。そのため、これについては言及を避けています。

 

アルニカエキス

アルニカエキスとは。育毛への効果について

アルニカエキスとはなにか

アルニカエキスは、ウサギギク属に分類されるキクの一種からとったものです。アルニカは、あざやかな黄色をしています。
ウサギの耳を思わせるような葉っぱを持っていることから、このような名称で呼ばれています。
ちなみに、別名として「金車(キングルマ)」と呼ばれることもありますが、同じものを指しています。

 

ハーブの一種として、うちみや関節炎などの治療に使われてきました。
それ以外にも、虫刺されの薬などとして利用されることもあります。
このアルニカエキスと、育毛の関係についてご説明します。

 

アルニカエキスの育毛への効果について

アルニカエキスは、それ自体が、「髪の毛をはやす効果や効能」を持っているわけではありません。
アルニカエキスのできることは、あくまで、「頭皮状態の改善」です。

 

上記でも軽く触れましたが、アルニカエキスには、炎症を抑える効果があります。
また、抗菌作用も持っているため、頭皮の環境を清潔にする上でも有用です。

 

ただし、アルニカエキスを、「植物由来のものだから安心だ」と思うのは考え物です。
アルニカエキスによって皮膚アレルギーが起こった、という例は報告されています。(これは、アルニカエキスの持っている「セスキテルペンラクトン類」の作用だとも言われています)

 

もちろん、これはアルニカエキスに限ったことではありません。あらゆるものが、アレルギーの原因となる可能性をはらんでいます。
ただ、このような症状が出た場合は、使用をやめ、速やかに病院にいきましょう。

 

トコフェロール酢酸

トコフェロール酢酸とは。育毛への効果について

トコフェノール酢酸とは何か

トコフェノール酢酸は、「酢酸トコフェノール」、あるいは「酢酸エステル」という名称で呼ばれることがあります。ただ、これだけを見ていると、
「なんか科学の名称みたい」
「『酸』ってついているのが怖い。塩酸とか想像してしまう」
「酢酸、『酢』っていうから、すっぱいものなのかと…」
と思ってしまう人もいるでしょう。

 

そこでここでは、もう少しトコフェノール酢酸をわかりやすく説明することにします。
トコフェノール酢酸というのは、言い換えれば、「ビタミンE誘導体」です。
そう、私たちがよく食べ物から食べる、「ビタミンE」です。トコフェノール酢酸は、体に入ることによって、吸収され、ビタミンEのメリットを存分に発揮することが可能になるのです。

 

トコフェノール酢酸と育毛の関係

トコフェノール酢酸として期待できるのは、「血行を良くすること」です。
これによって、育毛に必要な栄養素の供給などを行いやすくすることができます。末梢の血管を広げてくれるために、このような働きが可能になるのです。

 

また、トコフェノール酢酸には、抗酸化作用も期待することができます。
これによって、アンチエイジングの効果を得ることも可能です。
加えて、もともとが「ビタミンEと同じ働きをするもの」であるため、副作用が起こる危険性も少なく、「安全性」という意味でも、有用な成分と言えます。

 

トコフェノール酢酸を使用した育毛剤も多くあります。
一緒に亜鉛などの頭皮に栄養を補給する成分が含まれている育毛剤を選らんだり、育毛サプリメントと一緒に使用すると育毛を進めるうえで効果が実感しやすいでしょう。

 

オランダカラシエキス

オランダカラシの効果と効能について

オランダカラシとは何か

「オランダカラシ」というのは、イメージしやすい名称であるかと思います。
漢字で書けば「和蘭辛子」となります。
女性などの場合、「クレソン」ときくとピンとくる、という人も多いのではないでしょうか。

 

オランダカラシは、とてつもなく強い植物です。
湿地や水中でよく育ちますが、あまりにも育ちすぎるため、日本にあった在来種を排除しかねない強さを持っており、現在では「要注意外来生物」として認定をうけています。
名前からもわかる通り、「わさびな」のような形で料理に利用されています。ひょっとしたら、あなたも、知らないうちに食べたことがあるかもしれません。

 

オランダカラシの育毛効果について

オランダカラシは、脂質異常や高血圧に対抗できる対策方法としての研究が進んでいます。
しかしオランダカラシの利用方法はそれだけにとどまりません。
発毛促進の効果がある、血行の促進を期待できる と言われており、育毛剤、特に女性の育毛剤によく配合されています。

 

オランダカラシには抗菌作用がありますが、それ以外にも、抗脂漏性作用も持っています。
脂漏性皮膚炎などに悩んでいる人にとっては、オランダカラシは、とても強い味方になるでしょう。
加えて、保湿効果もあるため、「油に抗ったら、今度は皮膚が乾燥してしまい、どうしようもない」といった状況に落ちいる可能性も低いと考えられています。

 

オランダカラシは、育毛においてさまざまな働きをすることができる成分であるため、この成分が含まれる、というのも育毛剤を選ぶ際のポイントになりそうです。

 

ビタミンE

ビタミンEとは?ビタミンEの育毛への効果について

ビタミンEの名称などについて

「ビタミンE」というのは、私たちにとって、とてもなじみ深い名称です。
育毛や化粧品などのことを考えるとき、「トコフェノール酢酸」「酢酸トコフェノール」「ビタミンE誘導体」のような形で表記されることはあります。
これらは、踏み込んで考えると違いはあるのですが、「育毛とビタミンEの効果」「育毛とビタミンEの関わり方」を調べていく、ということであれば、ほとんど同じ意味で使われることが多いです。

 

ビタミンEが育毛によい、と言われる理由

ビタミンEは、髪の毛を育てる上で、とても有用なものです。
なぜなら、ビタミンEには血行促進の効果がある、と考えられているからです。

 

ビタミンEは末端の血管を広げ、血流をよくする作用があります。それによって赤血球は、頭皮に栄養を運びやすくなり、髪や頭皮、毛根に栄養が届きやすくなります。
頭皮に栄養が届かなければ、育毛に必要な「材料」がそろいませんから、ビタミンEのもたらす効果は大きい、と言えます。
また、ビタミンEはアンチエイジングにも効果的だと言われています。

 

もちろん、ビタミンEは、「これだけをとっていれば、育毛については心配がない」というものではありません。
そのほかにも、ビオチンやビタミンB群など、髪の毛に有用なものはたくさんあります。ミネラルやタンパク質なども、欠かすことができません。

 

ビタミンEは、育毛剤に含有されていたり、育毛サプリメントから摂取することもできます。
ただ、上記で上げたように、「複数の栄養をとる」という観点から考えれば、育毛剤の使用やサプリメントの服用だけでなく、加えて食生活の見直しを行うことが理想的といえるでしょう。

 

本当に効く育毛剤をチェック

頭皮の血行を促進する成分を見ている方はこのページも見ています

脱毛を抑制する成分
脱毛の原因である、男性ホルモンを抑制し、脱毛ホルモンが生成されにくくなる成分にはどんなものがある?
栄養を補給する成分
育毛に不可欠な髪や頭皮への栄養を補給してくれる成分にはどんなものがある?
皮脂分泌抑制や皮脂の酸化を防ぐ成分
育毛において毛穴の酸化を防ぐことの意味と、毛穴の酸化を防ぐ成分はどんなものがあるのかご紹介します。
保湿成分
育毛の頭皮の保湿の重要性とは。保湿成分にはどんなものがあるのか、成分ごとに詳しくご紹介。
頭皮の炎症を抑える成分
育毛剤に含まれる頭皮の炎症を抑える成分の役割とは。炎症を抑える成分はどんなものがあるかご紹介します。
フィナステリド
育毛剤や薬に含まれる成分「フィナステリド」について徹底解説。育毛効果のメカニズムに迫ります。
オウゴンエキス
男性ホルモンを抑制し、育毛につなげる成分「オウゴンエキス」。生薬にも使われるオウゴンエキスの効果を徹底解説します。
キャピキシル
育毛成分として有名なミノキシジルの3倍の効果があると言われているキャピキシル。ここでは、キャピキシルの効果とそのメカニズムについて徹底解説しています。
ヒオウギエキス
「ヒオウギエキス」の育毛成分としての効果について解説。そのメカニズムや実際に使用されている育毛剤についても紹介しています。
亜鉛
育毛剤に含まれている成分について解説。ここでは、髪の成長に欠かせない「亜鉛」について紹介しています。
ノコギリヤシ
育毛効果があると注目の成分「ノコギリヤシ」について解説。おすすめの育毛剤も紹介しています。
ビオチン
育毛剤に含まれる成分の中から、頭皮環境を整える役割があるビオチンについて解説しています。
M-034
人気の育毛剤に含まれていることで最近話題の成分「M-034」。その効果と育毛メカニズムについて解説します。
バイオポリリン酸
最近注目の育毛成分「バイオポリリン酸」について解説しています。育毛剤ではポリピュアEXのみに含まれる成分の実力とは?
ローヤルゼリー
健康成分として知られるローヤルゼリー。実は育毛効果もあるって知ってました?ここでは、そんなローヤルゼリーの効果について解説しています。
センブリエキス
センブリ茶としても有名な「センブリエキス」。実は育毛成分としても高い効果が期待できるんです。ここでは、センブリエキスについて徹底解説。効果やメカニズム、配合されている育毛剤についても紹介しています。
グリチルリチン酸ジカリウム
頭皮環境を整えることで育毛につなげる「グリチルリチン酸ジカリウム」。ここでは、その成分と効果について徹底解説しています。
ドクダミエキス
育毛剤に含まれる成分「ドクダミエキス」について解説。その効果と、実際に使用されている育毛剤についても紹介しています。
シャクヤクエキス
育毛剤に含まれる成分「シャクヤクエキス」について解説しています。どのような効果があるのか、実際に使用されている育毛剤についても紹介します。
ミノキシジル
育毛成分としてもっとも有名なミノキシジル。ここでは、意外と知られていないミノキシジルの育毛効果やメカニズムについて解説しています。
上部に戻る