皮脂分泌抑制や皮脂の酸化を防ぐ成分

本当に効く育毛剤はこれ!30商品を徹底リサーチ

毛穴の酸化を防ぐ成分について

育毛剤に含まれる、皮脂の過剰な分泌や酸化を抑制する成分について

「脂漏性脱毛症」に有効なのは頭皮・毛穴の皮脂への対策

男性の薄毛の原因としてAGAにならんで多いのが、皮脂の過剰な分泌によって引き起こされる「脂漏性脱毛症」です。
この脱毛症に悩まされているケースでは、皮脂分泌や皮脂の酸化を抑える成分を含有する育毛剤を使用して、脱毛の原因になっている、多すぎる皮脂分泌や酸化してしまった皮脂を、正常な状態に戻してあげるのがもっとも効果的と言えます。

 

皮脂を抑制する成分と皮脂の酸化を防ぐ成分について、詳しく見てみましょう。

エイジツエキス

エイジツエキスとは。その育毛への効果について

エイジツエキスとは何か

「エイジツ」をもっともわかりやすく表記するとするならば、「野茨(ノイバラ)」という表記になるでしょう。
バラ科に分類されるもので、美しい花をつけます。白色や薄ピンクの色の花は、非常にかわいらしく、見るものの目を楽しませてくれます。
一方で、たくさんのトゲを持っていることでも有名です。

 

この「ノイバラ」――――「エイジツエキス」は、昔から、利尿薬として用いられてきました。
「日本薬局方」という、1886年にまで歴史をさかのぼることができるものにも、このエイジツの記載を見て取ることができます。

 

エイジツエキスと育毛の関係性について

エイジツエキスは、直接的に育毛に対して働きかけることはほとんどありません。
ほかの多くの植物エキスと同様、「頭皮状況の改善」に役立ちます。
ただし、エイジツエキスの場合皮膚細胞を活性化させる効果も期待できるため、その方面からのアプローチは可能です。

 

エイジツエキスがよく育毛剤に配合されるのは、その保湿性や抗酸化作用を期待して配合されるケースがあります。
美容的な観点でいえば、ニキビや腫物などにも効果を示すことが確認されています。
このため、頭皮の状態が著しく悪く、ニキビなどに悩まされている人に特にオススメです。

 

頭皮にできたニキビというのは、顔にできたニキビとは違い、あまり目立ちません。
ただその一方で、髪の毛などにさえぎられて通気性が悪くなるため、悪化する可能性がとても高いのです。
エイジツエキスは、そのような人にもオススメの成分である、と言えます。

 

黄杞エキス

黄杞エキスとは。その育毛の関係について

黄杞エキスとは何か

黄杞エキスは、「黄杞葉」という成分からとれるものです。なお、「黄杞葉」は、「コウキヨウ」と呼びます。

 

クルミ科に属する植物であり、わずかな甘味があります。このようなことから、「お茶」という形で、昔から中国人に好かれていました。

 

黄杞エキスには、さまざまな効果があります。そのなかでも特に大きく取り上げられるのが、「生活習慣病の改善や予防」です。もともと黄杞エキスには、肥満予防の効果があると言われており、これが生活習慣病の予防に効果を示す、とされているのです。ちなみに、利尿作用などもあります。

 

黄杞エキスと育毛の関係

黄杞エキスは、美肌効果があります。
美肌効果をもたらすための重要な働きの一つに、「抗酸化作用」というものがありますが、これが育毛にもよい影響を与える、と考えられています。
皮脂の量を「ちょうどよい量」に導いていく、という効能がクローズアップされているほか、頭皮の炎症を抑える効果も期待できます。

 

そのため、黄杞エキスを配合した商品というのは数多く作られています。
特に、大手メーカーである「花王」の作った薬用育毛剤である「サクセス」などは有名ですね。
花王のほかの商品にも、黄杞エキスはよく配合されています。

 

ただし、基本的には、黄杞エキス自体には、「髪の毛そのものをはやす効果」というのは、期待できないことに注意が必要です。
あくまで頭皮改善のための成分として配合されるケースがほとんどのため、
脂漏性脱毛症などの、皮脂によって頭皮環境が悪化し、薄毛が進行しているケースにおいて重宝される成分と言えます。

 

ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドとは。ニコチン酸アミドの育毛への効果

ニコチン酸アミドってどういうもの?

「ニコチン酸アミド」という名称の物質を、聞いたことがあるでしょうか?
「ニコチン」という名称であるからか、「えっ、たばこのニコチンと同じなの?」「髪の毛どころか、体にすら悪い影響を及ぼしそう」と思ってしまう人がいるかもしれません。

 

しかし、ニコチン酸アミドというのは、薬としても利用されるものであり、安全性は比較的高いものです。
まれに、副作用として赤みなどをもたらすことはありますが、基本的に安心して使うことができます。

 

ニコチン酸アミドというのは、ビタミンの1つであり、主に皮膚の状態をよくする効果があると言われています。
病院で配合される場合、皮膚炎などの対策として用いられ、血行の促進に対しても、有用に働くことができます。

 

ニコチン酸アミドがもたらす育毛への効果

上記のように、「ニコチン酸アミドを薬として利用したとき」のことを見ればわかるように、ニコチン酸アミドは、頭皮に対してとてもよい影響をもたらす、と考えることができるでしょう。
皮膚炎や湿疹、血行が悪くなっている状態というのは、髪の毛を育てる、ということを考えたときにはマイナスです。
ニコチン酸アミドは、血行を良くすることで髪の毛へ栄養を届けやすくなるため、育毛のうえでは極めて有用に働いてくれるのです。

 

そのほかにも、ニコチン酸アミドには冷え性を解消する効果も認められているので、女性が育毛剤を選ぶ際にも、知っておきたい成分です。

 

カシュウ

カシュウとは。カシュウの育毛への効果

カシュウって何?どういうものなの?
カシュウとはドクダミの一種

「カシュウ」という成分名は、それほどメジャーではありません。
この単語を聞いたときに、「塗装剤の一つだろうか」と考えてしまう人もいるのではないでしょうか?

 

ただ、「育毛」というカテゴリーでとらえるとき、カシュウは、「植物としてのカシュウ」を意味します。
まずは、「カシュウとは何か」ということを考えていきましょう。

 

カシュウは、漢字で書いた場合、「何首烏」となります。
このカシュウは、中国を原産としたツルドクダミの別名です。
ドクダミに非常によく似た形をしており、かわいらしい白い花をつけます。

 

カシュウは、もともとは薬(漢方薬)の原材料として使われていましたが、かなり強いものらしく、今では野生化したものもあります。

 

カシュウのもたらす育毛への効果を知りたい

さて、このカシュウですが、もともとは「漢方薬の材料」として使われていたことからもわかる通り、ある種の薬効を持つことを期待できます。
「髪の毛の黒い色素をサポートする」という働きから「烏(とり、ではなくからす)」が漢字名につけられた、とも言われています。

 

これだけでも、薄毛に悩む人や白髪に悩む人にとってはうれしいでしょう。
しかし、カシュウには、それ以外の効果もあると言われています。「消炎作用」です。

 

炎症を抑え、改善していく効果が見込めると言われ、頭皮にトラブルを抱える人にとっては、この角度からサポートしてくれるカシュウは、かなり心強い味方になる、と言えます。

 

イオウ

イオウとは。イオウの育毛への効果について

「イオウ」という物質の持つ2つの性格

「イオウ」という言葉は、こと育毛においては、2つの性格を持つものとなります。そのため、しっかりとした知識を手に入れておかなければいけません。

イオウの髪の毛への影響

専門家のなかには、「イオウを含んだ水で髪の毛を洗うのはよくない」という意見を述べる人がいます。
というのも、イオウには髪の毛の細胞に浸透しやすく、髪の毛の内部を解体してしまう、という働きがあるからです。

 

イオウのような働きを持つものに、美容院などで使われる「パーマ液」があげられており、温泉の成分は、パーマをかける第一段階として髪の毛に振りかけられる液体とほぼ同じ働きをしてしまいます。
そのため、「温泉で髪の毛を洗うのは、避けた方がよい」という論調が生まれたのです。

イオウは髪の毛の成分でもある

一方、「髪の毛を構成している成分には、イオウがとても多く含まれている」とも言われています。

 

髪の毛を構成しているのは、みなさんもよくご存じの、「タンパク質」です。
これをさらに細かく見ていくと、この「タンパク質」は、「複数のアミノ酸で作られている」ということがわかります。
そのアミノ酸のなかで、特に多いものは何かということを考えたとき、「イオウ」という単語が出てきます。
髪の毛を構成するアミノ酸のなかで、もっとも量が多いのは、「含流アミノ酸」と呼ばれるものであり、これがイオウを含んでいるのです。
つまり、髪の毛を構成する成分として「イオウ」は重要な成分の一つとも言えるのです。

 

「髪の毛とイオウ」の関係は、髪へのダメージの原因のひとつでありながら、髪の毛の構成成分でもあるという2つの角度からみていくことが重要です。

 

育毛剤に使われる理由

育毛剤の成分として「イオウ」が使われる理由は、「皮脂をやわらかくして除去する」「細胞壁をやわらかくして育毛成分を浸透しやすくする」の二つが大きいです。

 

そのためイオウが入っている育毛剤を選ぶ際は、バラバラになってしまった髪の毛の構造をもとに戻す働きをもつ成分も同時に含有しているものを選ぶのが安心でしょう。
また、髪の毛を構成する重要な成分でもあるので、「育毛サプリメント」から摂取する、というのも選択肢の一つになります。

 

オドリコ草

オドリコ草と髪の毛の関係を考えよう

オドリコ草ってどんなものなの?

「笠を頭にかぶった女性たちが踊っている様子に似ている」という花のつき方をすることから、「踊子草(オドリコソウ)」という、なんともみやびやかな名前を付けられた、オドリコ草。

 

このオドリコ草は、日本全国に広く分布しています。
私達も、「オドリコ草」とは認識していなくても、何度か目にしたことはあるかもしれません。ピンク色の可憐な花は、いつでも、見るものの心を和ませてくれるでしょう。

 

このように、鑑賞用としても十二分に美しいオドリコ草ですが、現在では育毛剤や頭皮改善シャンプーにも配合されるようになりました。
このオドリコ草の及ぼす効果について、ご紹介します。

 

オドリコ草のもたらす育毛への効果について

オドリコ草は、主に、「頭皮の状態をよくすること」に対して積極的に働きます。
オドリコ草自体には発毛効果はありませんが、肌のきめをよくする収斂効果や頭皮のトラブルを抑えることができる消炎効果、皮脂を除去する効果を期待できる、と言われています。
頭皮によくニキビができてしまう、という人にもよいでしょう。

 

オドリコ草の場合、「保湿を促す」というよりも、「余剰な皮脂を取り除く」という形で働くことが得意です。
皮脂は、頭皮の保湿には欠かせないものではあります。
しかし、「皮脂の分泌量が多すぎる」「過剰に出ている」「頭皮がべたつく」のようなケースでは、脂漏性脱毛症を起こす原因になっていしまいます。

 

育毛剤や育毛シャンプーを選ぶ際には、「オドリコ草」成分が使われているかどうかもみるポイントになりそうですね。

 

ビタミンB6

ビタミンB6とは。その育毛への効果について

欠かすことのできないビタミンB6

「ビタミンB6」という言葉を知らない、という人はいないでしょう。数多くあるビタミンの一種ですが、非常にメジャーな言葉であり、あらゆるところで目にします。学校の授業で習った、という人もいるかもしれませんね。

 

健康を保つ上で、欠かすことのできないビタミンB6は、まぐろやレバーなどからよく取れます。育毛を考える人で、かつものすごくストイックに取り組んでいる人は、しばしば、「野菜中心の生活」「野菜しか食べない生活」に移行してしまいがちですが、それではビタミンB6が十分にとることができません。バランスのよい食生活をすることは、健康の意味でも育毛を考える意味でもとても大切です。

 

ビタミンB6の働き方について

ビタミンB6には、育毛を考えるうえで、「タンパク質を再構成する」という非常に重要な役目があります。

 

ビタミンB6は、口から取り込んだタンパク質を、一度バラバラにしてしまいます。
「えっ、髪の毛の主成分はタンパク質なのに、それをバラバラにするの!?」と不安に思われる方もいるかもしれませんね。
でも、大丈夫。ビタミンB6の役割は、単に「タンパク質を分解する」ということだけでなく、「体にとって利用しやすいアミノ酸へと変化させ、さらにタンパク質に合成しなおす」のです。
その部位にあった、利用しやすい形に変えてくれるというのがビタミンB6の働きであり、育毛においては、食事で摂取したタンパク質をアミノ酸へとつくりかえ、髪の毛の構成成分としてくれます。
そのほかにも、ビタミンB6は脂肪を分解する効果があるため、過剰な皮脂の分泌の抑制にも効果があります。

 

このように、ビタミンB6は重要な役割をもつ成分ですので、食事で十分にとるほか、難しい場合は育毛サプリメントで補うことで育毛を促進してくれるでしょう。

 

塩酸ピリドキシン

塩酸ピリドキシンとは。育毛への効果について

塩酸ピリドキシンってどういうものなのかを知りたい

「塩酸ピリドキシン」という言葉を聞くと、「何それ?」「機械とかを作るときに使う成分?」「化学の実験で使うやつ?」というような反応を返してくる人が大半でしょう。
これは、無理のないことだと思います。ものすごく工業的なイメージ、化学的なイメージのある単語ですよね。

 

しかし、塩酸ピリドキシンというのは、実は私たちにとって、とてもなじみ深い単語なのです。

 

塩酸ピリドキシンの正体と効果について

塩酸ピリドキシンというのは、「ビタミンB6」を指し示す言葉なのです。
ビタミンB6は水溶性であり、マグロなどによく含まれています。
ちなみに、塩酸ピリドキシンは、「ピリドキシン塩酸塩」のような形で表記されることもあります。(厳密にいうと、安定度の違いはありますが、「育毛」という観点から考えれば、ほぼ同義のものと考えてよいでしょう)

 

塩酸ピリドキシンは、皮膚のトラブルを解消する力を持っています。
ニキビなどを防ぐことができ、皮膚の抵抗力とも関係しています。これが不足すると、貧血や皮膚炎といった症状が出てきてしまいます。

 

頭皮の状態が悪いところでは、髪の毛もうまく育ってはくれません。
その意味では、「頭皮のトラブルを抑えることができる」という塩酸ピリドキシンは、とてもありがたい働きをする、薄毛対策の味方である、と言えるでしょう。

過剰な皮脂分泌と、皮脂の酸化による頭皮へのダメージが育毛に与える影響

皮脂の分泌は髪の毛にとって良いのか悪いのか

皮脂の分泌を考える

「皮脂の分泌が髪の毛によい影響をもたらすか否か」ということを考えたとき、おそらく多くの人が、「よくない」と考えるでしょう。
特に、コマーシャルなどで、「脂ぎった毛穴」などを見せつけられたことがある、という人はなおさらです。
また、マスメディアの方向性として、「脂ぎった、清潔感のないおっさんで、頭がはげ散らかしている」というのは、ある意味では「ステレオタイプである」として利用されてきた、という歴史もあります。

 

このようなことから、「薄毛になるのは、皮脂の分泌量が多すぎることが原因」と思っている人もいるかもしれません。
これはある意味では正しい理解です。
というのも、皮脂というのは、菌類にとって「栄養源」となるため、これを餌場として、菌類がどんどん増えていく、という可能性は十分にあるからです。
清潔ではない頭皮では、髪の毛もうまく育ってはくれませんよね。

 

注意!「皮脂を根こそぎ落とす」が逆効果になることも

しかしながら、実は、「頭皮の皮脂をすべて落とすこと」「頭皮の皮脂の分泌を極限まで抑えること」は、逆効果になってしまうこともあります。というのも、適正な量の皮脂が分泌された状態でなければ、頭皮を守ることは難しくなってしまうからです。
脂というのは、菌類の餌場であるのと同時に、頭皮を守るための体の防衛機構でもあります。
乾燥した肌というのは外側からのダメージを受けやすかったり、ふけがでる原因になったりなど、育毛にはむしろマイナスになってしまいます。

 

毛穴や頭皮にある皮脂成分の酸化による育毛への影響

毛穴の酸化とは何か

「皮脂の酸化」という言葉は、女性の「肌」における言葉として使われることが多いと思われます。
角腺が酸化しておきる黒ずみなどが問題にされることが多いため、こちらの方面で目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

育毛と皮脂の酸化の関係について

髪の毛を支える頭皮にもまた、無数の毛穴があり、皮脂が分泌されています。
つまり、肌と同じように、皮脂が酸化によって、育毛への影響が出てしまう可能性があります。

 

私たちは、「髪の毛が脂ぎっている」と思うと、ついつい激しく髪の毛を洗ってしまいがちです。特に、今回のように、「酸化した皮脂がダメージを与える」というのを聞いてしまうと、なおさら不安になるでしょう。
しかしながら、皮脂がねこそぎとられてしまった頭皮というのは、その分だけ、ダメージを受けやすくなります。そのため、皮脂をとるのと同時に、保湿をすることも大切です。

本当に効く育毛剤をチェック

皮脂分泌抑制や皮脂の酸化を防ぐ成分を見ている方はこのページも見ています

脱毛を抑制する成分
脱毛の原因である、男性ホルモンを抑制し、脱毛ホルモンが生成されにくくなる成分にはどんなものがある?
栄養を補給する成分
育毛に不可欠な髪や頭皮への栄養を補給してくれる成分にはどんなものがある?
頭皮の血行を促進する成分
頭皮の血行が良くなると育毛に良い理由と、頭皮の血行を促進する成分はどんなものがあるのかご紹介。
保湿成分
育毛の頭皮の保湿の重要性とは。保湿成分にはどんなものがあるのか、成分ごとに詳しくご紹介。
頭皮の炎症を抑える成分
育毛剤に含まれる頭皮の炎症を抑える成分の役割とは。炎症を抑える成分はどんなものがあるかご紹介します。
フィナステリド
育毛剤や薬に含まれる成分「フィナステリド」について徹底解説。育毛効果のメカニズムに迫ります。
オウゴンエキス
男性ホルモンを抑制し、育毛につなげる成分「オウゴンエキス」。生薬にも使われるオウゴンエキスの効果を徹底解説します。
キャピキシル
育毛成分として有名なミノキシジルの3倍の効果があると言われているキャピキシル。ここでは、キャピキシルの効果とそのメカニズムについて徹底解説しています。
ヒオウギエキス
「ヒオウギエキス」の育毛成分としての効果について解説。そのメカニズムや実際に使用されている育毛剤についても紹介しています。
亜鉛
育毛剤に含まれている成分について解説。ここでは、髪の成長に欠かせない「亜鉛」について紹介しています。
ノコギリヤシ
育毛効果があると注目の成分「ノコギリヤシ」について解説。おすすめの育毛剤も紹介しています。
ビオチン
育毛剤に含まれる成分の中から、頭皮環境を整える役割があるビオチンについて解説しています。
M-034
人気の育毛剤に含まれていることで最近話題の成分「M-034」。その効果と育毛メカニズムについて解説します。
バイオポリリン酸
最近注目の育毛成分「バイオポリリン酸」について解説しています。育毛剤ではポリピュアEXのみに含まれる成分の実力とは?
ローヤルゼリー
健康成分として知られるローヤルゼリー。実は育毛効果もあるって知ってました?ここでは、そんなローヤルゼリーの効果について解説しています。
センブリエキス
センブリ茶としても有名な「センブリエキス」。実は育毛成分としても高い効果が期待できるんです。ここでは、センブリエキスについて徹底解説。効果やメカニズム、配合されている育毛剤についても紹介しています。
グリチルリチン酸ジカリウム
頭皮環境を整えることで育毛につなげる「グリチルリチン酸ジカリウム」。ここでは、その成分と効果について徹底解説しています。
ドクダミエキス
育毛剤に含まれる成分「ドクダミエキス」について解説。その効果と、実際に使用されている育毛剤についても紹介しています。
シャクヤクエキス
育毛剤に含まれる成分「シャクヤクエキス」について解説しています。どのような効果があるのか、実際に使用されている育毛剤についても紹介します。
ミノキシジル
育毛成分としてもっとも有名なミノキシジル。ここでは、意外と知られていないミノキシジルの育毛効果やメカニズムについて解説しています。
上部に戻る